奥多摩 (URSA Mini Pro テストシューティング)

外部ページURL

一か月ほど前にBlackmagic design社のURSA MINI PROを購入したので
早速奥多摩にテストシューティングに行ってきました。
先に撮ってきた動画をアップいたしますので、ぜひご覧ください!(4Kで見れる方は是非4kで!)

URSA MINI PROを使用してみての感想

You Tubeのレビューっていつも結局買いなの?やめとくべきなの?
と結論が曖昧だったり、なかなか言わないケースがとても多い気がするんですが、真っ先に結論からいいますと、

自分の用途的にはすごくいいカメラです!買って大正解だったかなと!

同時期にGH5が発売されてそれと比較レビューされてましたけど、
そもそも用途が違うから自分的にはあまり参考にならず。

URSA MINI PROの細かい仕様などはオフィシャルページを参考にしていただければと思うのですが、
個人的にすごく良かった点は

1:ビューファインダーがすごく見やすい!(これはUrsa Mini 4.6kの物と同じ)
2:スローモーションへの切り替えボタンが便利(押しにくい場所にあるけど。。)
3:内臓NDフィルターがワンマンオペレーションには本当に助かる
4:解像度がすごい(とはいってもセンサーはUrsa mini 4.6kと同じ)

微妙な点
1:モニターがUrsa mini 4.6kの5インチから4インチに小さくなってしまった

基本的には以前よりあるURSA MINI 4.6kと内容はそこまで大きく変わらないので、
主なメリットを感じた点としては上記などが主でしょうか。。

普通に考えると他の一般的なデメリットとしては
重いとか、記録サイズが半端じゃないとか諸々あるかと思いますが、
個人的には軽いカメラより重いカメラの方が好きな変態だし、記録サイズが重いのは、こんなにいい画質で撮れてるんだもの、しょうがないよ、むしろそこは今後もずっと付き合っていく問題だし、カメラの課題というよりかは自分の作業場の記録保存媒体の問題かと。

奥多摩という自然環境で撮影してみて

最近自治体案件がちらほらあったのですが、その際によくある企画物ではなくて、
とにかく絵力勝負で行きたい。企画の一時的な力で観光客を増やしたいといった一時的なバズマーケティングではなく、純粋に4Kの綺麗な絵で魅せ、ストックコンテンツとして今後も長らく使えるような動画にしたいというお話しがありました。
そのお話しを兼ねて、シンプルにどこまで綺麗に撮れるのかをテストしてみたかったというわけです。

本当はRoninに乗せて滑らかなショットも撮りたかったのですが、個人作品で人もあまり関われないのでミニマルスタイルで行いました。

奥多摩を選んだ理由

画力がどれほどの物かをテストしたいと考えてた時に、
・絵に入るオブジェクト的な物が多い方がいいと思った事(無数の細々した木々や葉の一枚一枚)
・絵の深度(奥行き)がある場所で4kのシビアなピント確認をしたかった事(遠くに見える山など)
・そもそも絵が美しい物でありたい(水や自然の美しさ等)
といった理由から一番近場で実現できそうな場所と思いここに決めました。

山の急こう配にはこの重さは確かにきつい


重いカメラが好きな変態とは上記で記載しましたが、さすがに山の急こう配での歩き移動は腕肩腰とバッキバキに痛くなりました。
でも個人的にはこれはカメラが重いのが悪いのではなくて、単に自分のトレーニングが足りないだけだと思ってます。
カメラマンもいい絵を撮る為には、体幹とか鍛えた方が絶対いいし、腕や握力なども鍛えた方が得なわけで。
なので体力筋力的にちょっと自信無い方は安易に購入してワンマンオペレーション撮影したら、ちっと腕が死んじゃうかもですね。。

とまあ、こんな感じですごくざっくりした感想ですが、
どちらかというと、Ursa Mini 4.6kとProを比較したのではなくて、他のカメラを使っていてUrsaに切り替えた人の初見的感想です。

内臓NDが本当に助かる

Canon C100MK2をよく使っていたのですが、そちらにも内臓NDがビルトインされていたので、
その便利さに味をしめており、なかなか他のシネマカメラの購入に踏み切ることができなかったというのは事実です。

ワンマンで撮影を行う際、屋内から屋外、そしてまた屋内などと移動もかなり多く、その際に毎回NDを調整したりするのがスピード的にすごくネックだと考えていました。
C100を使っていたころはその手間が一切かからない為に、どのアングルで撮るか、どういう撮り方をするか等、別の事に考えを集中させることができていたので、バタバタした案件でも毎回スムーズに撮影をすることができました。
そして今回Ursa Miniという圧倒的にパワフルなカメラでもそれが実現可能になったので、ここの部分に関しては大満足でした。

ざっくり使用感を書いてみましたが、
基本的に買ってみてここが嫌だったなーというポイントは今のところほぼありません。
(購入後まだ数回しか案件で使用していないからかも。。)
なので、もっと使い倒して気づいた点があれば追記していくようにします。

ブログ一覧